ESXi7.0でVMFSL領域を減らしてデータストアの容量を増やす方法

ESXi7.0でVMFSL領域を減らしてデータストアの容量を増やす方法

TL;DR

・ESXi7.0から主にコンテナに対応するため、ESX-OSData(VMFSL領域)が作られる
・ESXi 6.7からアップグレードした方は、VMFSL領域は作られない (未検証)
・VMFSLという容量を減らすには、ESXi7.0 のインストール時にオプションを付ける必要がある。
・既にインストール済みの方はVMを別のデータストアに移動して、クリーンインストールする必要があるということ。

減らす方法はここを見てください

概要

バージョン7.0の新機能等はこちらのリリースノートに詳しく詳細が記載されています。ザックリ把握するならこちらの記事がお薦めです。
簡単に言うと「Kubernetesへのネイティブな対応するため」だと思います。つまりコンテナに対応するためですね。

まず、公式ガイドの ESXi ハードウェア要件をまとめると以下のようになります。

  • ESXi 6.7 まで
    – 最低 1 GB の起動デバイス
    – VMFS ボリュームと 4 GB のスクラッチ パーティションを起動デバイスに作成するには、5.2 GB 以上のデバイスが必要(HDD/SSD/SAN/iSCSI)
    – SD カード、USB メモリをブートデバイスとする場合はコアダンプパーティションの保存に利用するため 4GB 以上、推奨は 16 GB 以上の高品質のフラッシュドライブの利用が推奨
  • ESXi 7.0 から
    – 最低 4 GB の起動デバイス
    – SD カード、USB メモリをブートデバイスとする場合は 8 GB 以上が推奨
    – HDD、SSD、NVMe などのその他のデバイスでは 32 GB 以上が推奨され、ブート パーティションと ESX-OSData ボリュームが作成されます
    – 128GB を超える HDD、SSD、NVMe ドライブの場合は ブート パーティション、ESX-OSData ボリューム、および VMFS データストアが作成されます
  • ESXi 6.x から 7.0 へのバージョンアップ
    – ESXi 6.x から ESXi 7.0 へのアップグレードには、最低 4 GB のブートデバイスである必要があります。

以上のように、ESXi 7.0 では新たに ESX-OSData という VMFS-L フォーマットの新しい領域が作成されます。可変の OSData が 120GB まで拡張されるため、VMFS として利用できるのは 128GB 以降となってしまい、無駄な容量が浪費されてしまいます。

OS領域のVMFSL(VMFS-L)を減らす方法

コンテナなんか使わねぇ!!!って方は無駄な容量なので削減したいところですが、この領域を減らすにはインストール時に起動オプションを入れる必要があります
つまり、インストール済みの方は、ESXiを再インストールする必要があるということです。

なので、ライセンスキーとVMなどのデータは他のデータストア(他のHDDやSSD)に移行しておいてください。

ではやり方を説明していきます。
※この操作をしたことによる損害が発生しても責任は負えません。自己責任でお願いします。


次に、いつも通りにrufusなどでUSBインストーラを作成します。インストーラーが起動したら、SHIFT + O を押下して、起動オプションを編集します。

既に、cdromBoot runweaselが記述されているので、その後に(今回は8GBの場合でインストールを進めます)

を追記して、Enterを押してください。

あとはそのままいつも通りにインストール作業をしてください。インストールできたら、Web管理画面に移動して、パーティションを確認してみましょう。

このようにVMFSLが、8GBになっていることが分かると思います。

まとめ

VMFSLが大量に浪費されているのは Kubernetes へのネイティブな対応するためでした。これで容量を増やすことができると思います。